WEB・モバイルのサービス・アプリは既に飽和状態となっており、サービス・アプリを作ってもほとんどユーザが集客できない会社が増えています。
いくら素晴らしいコンテンツを作っても集客できないのは、企業のマーケティング力が不足しているからと言えます。

モバイルマーケティング

モバイルマーケティングコンサルティングでは、広く使われるサービス・アプリとするために、企画から運営に至るまでの全てのプロセスで必要なご支援をします。

特徴

●マッシュアップ中心アプローチによる低コスト開発ノウハウの提供

利益の出るサービスを構築する最大の原則は、使うお金を減らすことです。つまりできるだけお金をかけずにサービスを作ることが大事になってきます。そこで大事な考え方が「マッシュアップ」です。

マッシュアップとは異なる提供元の技術・コンテンツを組み合わせてサービスを作ることを言います。たとえばGoogle Map上に病院情報をマッピングすると病院サービスができあがる、というのもマッシュアップの一例です。

マッシュアップにはいろいろな種類がありますが、デバイスによって実現方法が大きく異なります。デバイスの特性に合わせたサービス開発のノウハウをご提供します。

モバイルマッシュアップ類型

●作り手目線の差別化ではなく、利用者目線のポジショニングを徹底

お客様から「他社と差別化したい」というご依頼を最も多くいただきますが、私たちは差別化を重視しません。

差別化とはあくまでも作り手目線であり、自社の強みとなる何かを活用して、他社から真似されにくい状態を作ることです。しかし、それは利用者にとって共感を呼ばないことが多いのです。代わりに、利用者が買おうと思うKey Buying Factor(購買要因)について他サービス・アプリに対してユニークなポジショニングが築けているかを重視します。

ポジショニング

●それぞれの手法の実績に裏打ちされた収益化ノウハウの提供

アプリは課金、メディアは広告、という単純な収益化手法は昔の話です。モバイルを取り巻く環境は刻々と変化し、新しい課金手法が生まれています。
収益化手法をANALOG TWELVEが率先して実験し、その成功・失敗のノウハウをご提供します。


-収益化例-
[1]コンテンツ課金
[2]広告
[3]コマース
[4]ソリューション
[5]リアルビジネス連携

料金体系

ご支援内容に応じてお見積もりいたしますので、お問い合わせからお気軽にご連絡ください。

【参考例】
・毎月のマーケティングアドバイザー 30万円〜
・現状サービスのクイック診断・アドバイス 1ヶ月程度 90万円〜
・新規サービス構築に伴うマーケティング支援 3ヶ月程度 250万円〜

主な受賞歴・メディア掲載

・KDDI「新商品発表会」の「Motorola XOOM」デモンストレーションで公開されました
http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20110506/1035535/
・ABC 2011 Summer 講演
http://www.youtube.com/watch?v=ZObHTYyne6Y

お問い合わせ

企業の方からのお問い合わせはこちら
企業の方からの幅広い利用を募集中です。お気軽にお問い合わせください。
メディアからのお問い合わせはこちら
メディア掲載や取材に関してのお問い合わせを受け付けています。
ユーザーの方からのお問い合わせ
サービス全般に関するご質問やご要望を承っています。