NEWS

2016.11.21

“ピグマリオン”メソッドをタブレットに初導入
ANALOG TWELVE、幼保育園向け補助学習教材を12月より販売開始 あけぼの・保育学院(奈良県香芝市)で採用、すき間時間で思考力向上
[ ]

マルチデバイス向けソフトウェア開発の株式会社ANALOG TWELVE(アナログトゥエルヴ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長 赤松隆、http://www.analog12.co.jp/、以下 ANALOG TWELVE)は、幼保育園向けのタブレット端末活用補助学習カリキュラムを開発、1,000以上の問題をプログラムしました。まずは、社会福祉法人楠公会 あけぼの・保育学院(所在地:奈良県香芝市、学院長 楠瀬八生)への導入を皮切りに、2016年12月より全国の幼保育園に向け販売を開始します。

 

カリキュラムは、幼児向け学育教室『ピグマリオン』を全国展開するピグマリオン学育研究所(本部:大阪府吹田市、代表 伊藤恭)が持つ、幼児の思考力を向上させる独自教育メソッドを元に開発しました。タブレットにプログラムされた問題を、幼児は1問5~10分程度かけて解きます。使い方や解説などは全て入力されており、教員の手間がかからないことが特徴です。

 

【タブレット教材 3つの特徴】
①    オリジナル制作のアニメーションにより、使用方法を分かり易く説明
②    個々人の進捗状況が一括で確認でき、進捗度合いに合わせた指導が可能に
③    幼児の学力にあわせて、最適な問題を自動出題します。

子供1人あたりの教育費は年々増加傾向にある一方、少子化により私立の幼保育園は園児獲得のための差別化を急いでいます。同教材の導入費用は¥3,000円(1ヶ月、1人当たり、税抜)でタブレット端末代金は別となります。販売はアナログトゥエルヴのグループ会社、ピグマリオンプラス株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長 赤松隆)が担い、今後1年で10件、3年で50件の導入を目指します。

『ピグマリオン』は、創始者で代表の伊藤恭が幼児向け教材開発技師であった1978年に開発した独自の教育メソッドで、現在、直営とフランチャイズ合わせて全国200ヶ所に拠点を持ち、5,000人の受講者が通っています。主な対象は2~6歳の幼児で、脳の機能の約90%が確立させると言われる幼児期に「思考力」の基礎を学ばせることで定評があり、東京大学合格者を最も多く輩出している灘高等学校(兵庫県神戸市)入学者の多くが同教育メソッドによる幼児教育を受けているといわれています。

2014.8.18

単語を画面に書いて覚える! 手書きで楽しい! 初めてのEnglish 知育アプリ『もじガッキーABC』8月15日より提供開始[ ]

株式会社ANALOG TWELVE(アナログトゥエルヴ、本社:東京都千代田区、代表取締役社長 赤松隆 http://www.analog12.co.jp/ 以下 ANALOG TWELVE)は、スマートフォンやタブレットの画面に文字を書きながら楽しく学べる知育アプリ『もじガッキー』の新バージョンとして、遊びながらアルファベットや英単語を画面に書いて覚える『もじガッキーABC』を、本日8月15日(土)よりGoogle PlayおよびApp Storeにて提供開始いたします。本アプリでは、英語圏のユーザーも視野に入れ、日本語版と英語版のユーザーインターフェイスを用意しています。

『もじガッキーABC』は、遊びながらアルファベットや英単語が学べる、幼児向けの知育アプリです。英単語を画面に書きながら回答するので、格段に高い学習効率を実現します。

また単語の発音にはネイティブスピーカーを採用しており、文字を書きながら、同時に正しい英語の発音を身に付けることもできます。さらに、アルファベットや単語にあわせたアニメーションが登場し、音声とアニメーションの組み合わせで、楽しみながらアルファベットや英単語を憶えることができ、ゲーム性と知育を高いレベルで両立させたアプリとなっています。

手書き認識には、世界最高水準のスマートフォン用手書き認識エンジン「yubigaki」を搭載。このエンジンを使用することで、単語すべてを実際に手で書きながら回答するという、実際の教育に極めて近い方法での学習が可能となりました。
なお、同機能を搭載し昨年末に先行配信された、ひらがな/カタカナが学べる『もじガッキー』は、オリジナリティあふれる最先端の知育アプリとして、すでに約2万ダウンロードを達成しています。

『もじガッキー』シリーズでは今後、幼児向けのアプリだけでなく、スマートフォン用手書き認識エンジン「yubigaki」の機能を活用し、高校生、大学生や社会人などをターゲットにした学習アプリを展開していく予定です。

■『もじガッキーABC』サービス概要

提供プラットフォーム:
Google Store
App Store

登録/利用料:無料~100円
コンテンツ内容:【無料パック】26文字×大文字/小文字×難易度(3段階)
【有料追加パック】追加パック1:(食べ物・家電・乗り物)
追加パック2:(生き物)
対応OS:Android版 AndroidOS2.3以上
iOS版: iOS 6.0以上

■『もじガッキー』サービス概要
サービス開始日:Google Store 2013年12月18日(水)、 Apple Store 2013年12月30日(月)
登録/利用料 :無料~300円
コンテンツ内容:【無料パック】50音☓難易度(3段階)☓ひらがな 全150問
【有料追加パック】50音☓難易度(3段階)☓カタカナの150問(300円/税込)
対応OS    :Android版OS 2.3以上/iOS 6.0以上

■手書き認識エンジン「yubigaki」について
手書き文字認識研究の大家「東京農工大学中川研究室」が開発した手書き文字認識エンジンを、ANALOG TWELVEの独自チューニングによりスマホ・タブレット向けに必要な機能を全て備え、高速かつ 99%の高認識率を可能にした機能です。単語全てを画面に書きながら回答するという、実際の教育に極めて近い方法での学習が可能になります。

【プレスリリース】単語を画面に書いて覚える! 手書きで楽しい! 初めてのEinglish 知育アプリ『もじガッキーABC』8月15日より提供開始

2014.4.3

待ち合わせ支援アプリ「待ちぴったん」が日経新聞に掲載されました[ ]

2014/4/3の日経新聞夕刊に待ち合わせ支援アプリ「待ちぴったん」を掲載いただきました。

ANALOG TWELVE(東京・千代田)の「待ちぴったん」も便利だ。地図画面をタッチして、待ち合わせ場所を指定すると、自分と相手の位置をアイコンで表示する。このアプリが特徴的なのは、待ち合わせにつきものの「待つ時間」に着目した点。相手が到着するまでの時間が表示されるほか、待ち合わせ場所の周囲にどんな店舗や施設があるかなどを検索しやすくした。

 

2014.3.13

iPad美人受付システム販売開始[ ]

受付嬢を雇うより断然安く、内線電話のみの寂しい受付に、今までにないおもてなしを与えてくれる「美人受付」。
PIP(Person in Presentation)という、人物動画とアニメーションを境界線なく融合させるコンテンツ技術を、世界で初めてiPadに実装。まるで人と会話をしているように受付を行うことができます。
また、手軽に導入できる「App版」と、ロゴや社名などをカスマイズ可能な「PRO版」があるので、導入のしやすさとオリジナリティーの両方のニーズにお応えいたします。

導入は無料ですので、お気軽にご利用ください!

2014.1.22

バカッター対策ソリューションが日経産業一面に掲載されました[ ]

2014/1/22の日経産業一面に弊社サービスを掲載いただきました。

■SNS悪ふざけ監視、アナログトゥエルヴ、ソフトと目視で。■
ソフトウエア開発のアナログトゥエルヴ(東京・千代田、赤松隆社長)は、飲食店などの従業員やアルバイト店員らが店内での悪ふざけをインターネットに投稿するのを監視するサービスを始める。情報検索ソフトで不適切な文章を探すだけでなく、専門要員の目視によって、写真などの悪ふざけ投稿を早期に発見する。今後1年間で20社の利用を見込む。