Windows 8に対応した電子書籍ビューワとウェブアプリ「HTML5型」 電子書籍ビューワを開発、自社開発のEPUB自動変換ツールも同時提供

株式会社ANALOG TWELVEは、日本語の縦書表示に対応した2つのタイプのマルチデバイス電子書籍ビューワと、過去のデータをEPUBに変換するコンバータを開発、本日5月27日より販売を開始します。

ビューワは、マイクロソフトの最新OS Windows 8およびWindows Phone 8(※日本では未発売)に対応した「ネイティブアプリ型」(※1)に加え、新たにApple等の審査が不要なブラウザ上で動作する「ウェブアプリ(HTML5)型」を開発。2つのタイプを用意することにより、各社のビジネスモデルに合わせたサービス提供が可能となりました。

(※1)自社が開発した縦書き対応の電子書籍ビューワ『DENBON』の新OS対応になります。

また、コンバータは、「ガラケー」と呼ばれる従来型の携帯電話用のデータ(※2)を電子書籍の国際標準規格である「EPUB」形式に、WEB上で簡単に自動変換することができます。これにより、これまでガラケーで提供していた「ケータイ小説」をスマートフォンや電子書籍端末用などに簡単に変換することができます。手作業によるEPUBへの変換作業を効率化するために独自開発した機能を他社へ提供するもので、WEB上でファイルをアップロードするだけの簡単操作でEPUBデータを自動生成します。変換作業は数分程度で完了致します。

(※2)現在XMDF形式に対応。

尚、コンバータは期間限定で無料トライアルを実施中。

【プレスリリース】Windows 8対応とHTML5型の2つの電子書籍ビューワとEPUBコンバータを開発、5月より提供開始